月収10万でも生きていける恥ずかしい底辺オヤジの生活日記

年収120万底辺アラフォーの節約生活ブログ

平和に過ごすために

それは一つの「ありがとう」

投稿日:

夫婦生活をうまくやっていくコツ。

これはきっと、社会に出ても必要な「技能」の一つと言えるでしょう。

今日はこんなネット記事を見ました。

 

 

 

 

シャンプーの詰め替えをやったか否か

 

 

 

 

ええ、そんな程度の内容です。

しかし、夫婦生活は当人同士しかわかりえないもので?

その感情の矛先は色々なパターンがあると思うのです。

 

 

では、具体的にどのようなパターンがあるのでしょうか?

 

シャンプーが切れた(切れそうな)時に起こる家族間の精神

1.シャンプーが切れたが、詰め替えを行わない夫または嫁(子供や家族)

2.そろそろ切れそうなシャンプーを、次の人の為に入れた夫または嫁(子供や家族)

3.せっかく詰め替えたのに感謝されなかっただけでは飽き足らず、むしろお前がやれ状態

 

 

 

1に関しては、まぁいるでしょう。

2に関しては、母親であれば多いでしょう。

3に関しては、母親の立場でいれば多いかもしれません。

 

人間、やっぱりどこかで認められたい褒められたい、承認欲求があるものです。

些細なことも積もれば山になります。

 

 

 

ここ最近、誰かに感謝したことありましたか?

感謝の気持ちを述べずとも、感謝を「想った」事はありますか?

 

想うだけでも違いますが、口に言葉に出すことによって平和が訪れるものなのです。

 

 

それが大きなことではなく、些細な事ならなおさらな事。

 

 

例えば

 

 

 

 

「いつもゴミを捨ててくれてありがとう」

 

 

 

 

どうですか?

とても些細な事です。

 

しかし相手はあなたの事を見てくれているからこそ、言う言葉なのです。

 

 

自分が言われたらきっと、悪い気はしないでしょう。

 

褒められて伸びるというタイプは、決して甘えではありません。

厳しい環境に身を置いている人だって、どこかに承認欲求はあります。

 

これを満たしあうことによって、お互いの平和は保たれるのです。

 

 

このような稚拙な記事を読んでくれて、ありがとうございます。

-平和に過ごすために
-,

Copyright© 年収120万底辺アラフォーの節約生活ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.